香港旅行 食事編TaBiLoG

香港旅行で食べた食事たちの記録です。

香港での食事たち

コンセプトがベタな旅行なので なるべく地元の料理を食べるようにしよう、と思ってはみたものの香港料理とは。

いまいち定義が曖昧な地元料理ですが、なんとかチャレンジしてみました。

1日目 昼・空港ターミナルの中華料理

1日目の昼はまだ香港空港にいたので、ターミナル内にあるクリスタルジェイドという香港では有名なお店に行ってみることにしました。

店に着くと入口に謎の端末があり、順番待ちのチケットが発行されるような感じだったのですが席は比較的空いていたので別に待ちが発生している様子はなさそうです。

とはいえ仕組みが分からず入口の辺りでマゴマゴしてると、店の人が声をかけてきて無事に席に案内されました。

クリスタルジェイド
左側の謎端末。

メニューは写真付きで英語と日本語も併記されていたのでわかりやすい。名物だという小籠包と、メニューにオススメと書かれていた謎の麺を注文しました。

まず出てきたのが麺。なんですが

麺
この状態

普通に汁そば的なものを想定していただけに、スープと麺が分離した状態で出てきて若干面を食らいました。麺だけに。

これはスープを麺にぶっかけるのか、実はつけ麺スタイルなのか。迷いつつも、まあ写真は汁そばみたいなのだったし前者だろうということでスープをかけて頂きます。(ちょっと不安だったのでレンゲで半分くらい)

ぶっかけ
ぶっかけ

やわらかく煮込んだ牛肉やクコの実などの薬膳的なものが入っていて、独特の風味と大分あっさりした味付けでやさしい美味しさ。

ほどなくして小籠包も到着。

小籠包小籠包

でかめのレンゲに乗せ、薬味や調味料と共に頂きます。上あごぐらいは持っていかれると覚悟してましたが、そこまで熱々ではなく、安全に味わうことができます。

1日目 夜・香港家庭料理

1日目はあまり予定を立てていなかったのですが、前日ほぼ徹夜、移動、傘と着替えを求めて歩きまわりと、割とヘトヘト状態。

なのでホテルの近所で良さそうな所がないかと探したのが灣仔駅近くの香港の家庭料理の味を食べられるという 原汁原味 というお店。

高い天井でレトロな雰囲気の店内。席に着いてメニューを眺めます。写真と英語キャプション付きのレギュラーメニューと今日のおすすめの中国語のみのメニュー。

オススメは蓮の葉で包まれた蒸しご飯とのことで、オススメメニューにもそれが並んでいます。鶏とか豚とかは文字から想像がつくのですが、まったくわからない具材もいくつか。

悩みながらも、とりあえずビールを注文しようと店員さんに声をかけると、日本人?と聞かれて日本語で話しかけてくれました。少し勉強していたとのこと。なんかホッとします。

せっかくなのでオススメメニューでわからなかったのが何か聞いてみたところ、日本語でも英語でも、なんというかわからないとのこと。でもデリシャスらしい。

じゃあもうそれで行ってみようと注文。他のメニューも頼んでみたかったのですが、量がいっぱいよーとのことなので断念。これが一人旅の難点ではあります。

まずはスープが運ばれてきました。

スープと麦スープ
スープと麦スープ

鶏肉や冬瓜、薬膳的なものなどがゴロゴロと入っていて濃厚な旨味ながらも優しい感じで美味しい。

そして謎だった料理が来ました。

蒸しご飯

正解はホタテでした。なるほど。貝というか貝柱だし、それそのものの名前を知ってないとなんて表現していいか難しい。

上にネギと共にかかっているのは揚げたニンニクで、スープとは打って変わってワイルドな味。でも風味が良くて、ホタテとの相性もよく美味しい。メニューガチャは見事成功でした。

2日目 朝・おかゆ

2日目の朝はトラム (2階建ての路面電車) に乗って、フェリー乗り場に向かっていました。

朝ご飯は お粥が食べたいなと思っていたところ、ちょうど道端に粥らしき文字が書かれた看板がチラッと見えたので直後の停留所でトラムを降りて向かってみることに。

みかけた辺りにあったのが 忠記粥品 というまさにお粥屋さんでした。

ずらりと並んだメニューの中から「猪紅痩肉粥」というなんとなく想像のつくものを注文。

メニュー

ほどなくして運ばれてきたのはお椀に並々注がれた熱々のお粥。

猪紅痩肉粥

中には猪紅、すなわちレバーと、痩肉という豚肉を茹でてほぐしたものがたっぷり入っていて結構ボリューミー。

お粥の中
中は具沢山

絶妙な味付けで、レバーの臭みもそれほど気にならず美味しい。隣の人は揚げパンを追加で頼んで、浸しながら食べてました。なるほど、よさそう。さすがに量が多すぎますが...

揚げパン
なるほど、そういうのもあるのか。

2日目 昼・点心

お昼は SKY100 という香港一の高い建物から降りて、併設されている九龍駅のモール内のレストランで食べようと見て回ってみたものの、ピンとくる店がなかったのでネットで検索。 すると隣の香港駅の中にミシュランで星を取ったという点心屋さんがあるのを発見。既に 14時を回るくらいの時間だったので、そこまで混んでないのではともくろんで行ってみることにしました。

香港駅で若干迷った末に店に着くと、読み通り行列はあまり長くなく、5分も経たないうちに席に通されました。横に長いテーブルに相席です。(店内の写真撮り忘れ)

メニューが中国語表記のみだったので、Google 翻訳で調べながら それっぽいものを 3品くらい注文。

点心

チマキ、焼売、餃子という無難なメニューにありつけました。流石にどれも美味しい。特にチマキは具沢山で蓮の葉の香りも風味豊か。

九龍駅のモールで妥協しないで大正解でした。

2日目 夜・ベトナム風豚肉ごはん

昼食後にホテルで休憩、ピークトラムのチャレンジ失敗、代替案の(いかがわしくない)マッサージを終えた頃には既に 20時過ぎ。

夕飯のプランがなかったので、ホテルの近くの中華料理屋にチャレンジしようと思ったものの、既に閉店間際で失敗。

その近くの店も閉店しそうな気配でしたが、店の人がまだやってるよと声をかけてくれたので入ることにしました。

そしてメニューを見て初めてベトナム料理のお店と気づきます。旅のコンセプトからは外れてしまいますが今更なので豚肉を使った料理を注文。

豚肉ごはん

豚肉はナンプラーとニンニクの効いていて、白いご飯とよく合います。ベトナム料理ですが割と中華系にも近い味付けなので、結果オーライということで。

3日目 朝・ホテルのビュッフェ

睡眠時間を確保したかったので、3日目の朝はホテルの朝食。点心なんかもありました。

![ホテルの朝食mg.greenspace.info/166ae572fe6b65bd0b7b701ecf5397642a94913d6edfbde6edad580d19b21563.png)
お粥と点心的なのをいくつか。

3日目 昼・3種盛りごはん

最終日のこの日はピークトラムと女人街を巡り、あとは空港に戻るだけとなった所でお昼の時間。

飛行機の時間までには かなり余裕があったので、事前にネットで調べた中環駅の近くにある 龍記飯店 というお店に行ってみることにしました。

中環のメインストリートから一本入った路地にある店に着くと、豚や鳥の丸焼きがいくつもぶら下がっていて、いい雰囲気。

店の様子
丸焼きずらり

店の中は地元の人々ばかりで、いくつも並んだテーブルに肩を寄せ合うように座りながら食事をしているというまさに中国らしい光景。

1階が空いてなかったので 2階の奥の方の席に通されました。隣では休憩中野店員さんが弁当を食べながら雑談しています。

またもやメニューが中国語のみだったので、壁に貼られた写真付きの人気メニューとスープを注文。スープは大体 ~湯 となってるのでわかりやすい。そして大体美味しい。

湯
スープ

スープは多分豚肉がベース。濃厚な旨味とあっさりした塩加減で美味しい。1日の夜のと同じ感想。

続いてメインのごはんが登場

3種盛りごはん

骨付きチャーシューに腸詰、写真では見えないですが、その奥には鶏肉のローストしたものが乗ってる 3種盛りのごはん。

左側の卵は多分アヒルの卵を塩漬けにしたもので、普通のゆで卵と思ってかじるとかなりしょっぱい。他の具と一緒に食べると味のアクセントになります。チャーシューと腸詰は甘辛、鶏肉は塩味。

ボリュームもすごいですが、どの具も割と日本でもなじみのある味付けでご飯によく合います。

旅行のシメとしてはピッタリの昼食でした。

おまけ・ホテル飲み

コンビニで買った、2個買うと他のビールより安かったヒューガルデンと、サバのピリ辛オイル漬け。

ビールとサバ缶

サバはご飯にもお酒にも合う味付けで、日本でも売ってほしいと思いました。

肉厚サバ缶
割と肉厚

あと謎のソフトシェルクラブサラダ味のポテトスティックも買ってましたが味をよく覚えてない・・・

カニサラダ味
サクサク食感

次は 観光編 です